藤原優大(青森山田)の出身地や小・中学校は?プレイスタイルなどまとめてみた

第98回全国高校サッカー選手権青森県大会で優勝した青森山田高校。決勝戦は、延長からPKまで白熱戦でしたね。そんな青森山田高校で2年生ながら、レギュラーで活躍する藤原優大くんについてまとめてみました。

藤原優大(青森山田)の出身中学校は?

藤原優大くんの出身中学校は、青森山田中学校です。

中学進学時に、小学校時代に所属していた、地元のチームのジュニアユースに進むか、青森山田に進むかと悩んだそうですが。高校サッカーでも全国大会優勝を目指せる、青森山田を選択したそうです。

藤原優大(青森山田)が所属したチームは?

藤原優大くんは、中学校から青森山田でプレーしていますが、小学校時代は「リベロ津軽」というチームでプレーをしていました。

リベロ津軽は、青森県弘前市にあるクラブチームで、リベロスポーツクラブが運営をしています。

小学校6年生の時には、全日本少年サッカー大会の全国大会にも出場しています。この時、藤原くんはチームのキャプテンも務めていました。

藤原優大(青森山田)が青森山田を選んだ理由?

藤原優大くんは、中学校の頃から青森山田中学でプレーをしています。

中学校進学の時に、地元である、青森県弘前市のチームと青森山田中に進むか悩んだそうです。地元のチームは、小学校の時に全国大会に出場した仲間とプレーを続けられるという魅力があり、青森山田は、高校で全国優勝を目指せるという魅力が。

結局、高校ではサッカーを中心に学校生活をしたいと強く思い、青森山田中学校を選んだそうです。

中学校入学の時には、すでに高校サッカーを視野にいれていたんですね。

藤原優大(青森山田)のプレースターイルは?

藤原優大くんは、たくさんのポジションをこなせるオールラウンドプレーヤーです。

特に、FWとしての活躍場が多く、得点に絡むプレーに定評があります。嗅覚がいいんでしょうね。

181cmという長身を生かした、ヘディングでのプレーにも定評がある選手で、CBとしての起用も増えて来ています。

最近は、背の高い選手が増えて来ましたね。

また、どんな時でも、冷静な判断力を持つ選手で、PKの5人目を務めたり、キャプテンを任されたりと、チームの柱となれる選手でもあります。

PKの最終キッカーって、見てるこっちも心臓つぶれそうなくらい緊張するのに…。メンタル強いですね。

藤原優大(青森山田)の弟もサッカー選手

藤原優大くんには、3歳下に弟がいます。弟くんも、青森山田中学でプレーをするサッカー選手です。

お名前は、藤原大弥くん。

小学校時代は、リベロ津軽でプレーしていたので、お兄さんの背中を追って、青森山田に入ったのでしょうか?

優大くんと同じように、小学校で全国大会を経験している大弥くん。6年生の時にはキャプテンをしています。地元でも有名な兄弟ですね。

ポジションはボランチ。兄弟揃って、DFの素質が高いんですね。

藤原大弥(青森山田)のプロフィール

名前:藤原 大弥(フジワラ ダイヤ)

生年月日:2005年8月4日

身長:172cm

体重:52kg

ポジション:ボランチ

所属:青森山田中学

藤原優大(青森山田)のプロフィール

名前:藤原 優大(フジワラ ユウダイ)

生年月日:2002年6月29日

身長:181cm

体重:71kg

ポジション:DF

所属:青森山田高校

まとめ

今回は、藤原優大(青森山田)の出身地や小・中学校は?プレイスタイルなどまとめてみました。

2年生ながら、青森山田高校で活躍する、藤原優大くん。

年末年始の高校サッカーでの活躍が楽しみですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする