中井卓大と久保建英どっちが凄い?ポジションなど比べてみた

サッカー

すでに、海外でも高い評価を受ける、中井卓大選手と久保建英選手。

そこで、ふと気になったのが、中井卓大選手と久保建英選手のどっちが凄いんだろう?ってことです。

ということで、二人のプロフィールや、プレースタイルを比較してみました。

中井卓大と久保建英のプロフィール

名前 中井卓大 久保建英
出身地 滋賀県大津市 神奈川県川崎市麻生区
生年月日 2003年10月24日 2001年6月4日
年齢(2020年5月現在) 16歳 18歳
身長 180cm 173cm
体重 60kg 67㎏
ポジション MF FW/MF

中井卓大選手の方が、久保建英選手の二つ下になります。

二人とも、小学校の時から、サッカーをするために海外に渡ったことでも有名ですよね。

中井卓大選手の所属チーム

現在は、レアル・マドリード・カデーテAでプレーする中井卓大選手。

2019年10月には、レアル・マドリードとのプロ契約も報道されましたね。スペインでは16歳からプロ契約ができます。

実は、吉本興業ともマネジメント契約を結んでいます。

(吉本興業って幅が広いですね…)

アスール滋賀 → レアル・マドリード下部組織

久保建英選手の所属チーム

久保建英選手は、現在、レアル・マドリードからレンタル移籍されて、RCDマジョルカに所属しています。

川崎フロンターレU10

FCバルセロナ・ラ・マシア

FC東京U-15

FC東京U-18

FC東京U-23

FC東京

横浜F・マリノス(レンタル移籍)

レアル・マドリード

RCDマジョルカ(レンタル移籍)

10歳の時にスペインに渡り、FCバルセロナの下部組織に入団しましたが、2015年のFCバルセロナの18歳未満の外国人選手獲得・登録違反によって、日本に帰国することになりました。

中井選手がこれに引っかからなかったのは、家族でスペインに移住していたからですね。

中井卓大と久保建英のプレースタイル

中井卓大選手のプレースタイル

中井卓大選手の特徴は、足元のテクニックにあります。

小さなころからボールタッチに定評のある中井選手。ブラジル代表選手も、そのボールタッチに興奮する動画がありますよね。

それが、こちら↓

当時10歳くらいですかね…かわいい…。

去年は、所属するレアル・マドリードのカデーデA(U-16)の試合で25mの超絶ミドルシュートを決めています。

もう、笑顔が素敵ですよ。スピードに乗ったドリブルから、流れるように、ミドルシュートが打てる技術が素晴らしい!

久保建英選手のプレースタイル

久保建英選手のプレースタイルの特徴は、

細かいボールタッチと視野の広さです。

ドリブルは特に定評があり、

・細かいタッチ

・絶妙な緩急漬け方

・細かいタッチなのにスピードに乗ることができる

と高い評価を得ています。

最初の、角度のないところからのシュートはすごいですね。シュートに入る前のドリブルも、タッチが細かく、流れるように敵を抜いていっていますね。

また、彼は、一度ボールを持つと、必ずゴールを向いて進んでいきます。

ドリブル中、あんなに細かいタッチをするのに、ボールを見ることはありません。

常に、視線は、周りを見渡している状態です。

なので、自然と試合中も、相手や味方の位置がよく見えています。

中井卓大と久保建英の評価

中井卓大選手の評価

現在は、世界最高峰のメガクラブ、レアル・マドリードの下部組織、カデーデA(U-16)で活躍する、中井卓大選手。

小学生で、家族と一緒にスペインに渡った彼は、ずっとチーム内でも高い評価を受けています。

ブラジル代表のマルセロ選手にも絶賛される、その足元のテクニック。

スペイン大手のスポーツ紙「マルカ」でも、

「レアル・マドリードの下部組織で最も将来性豊かな20人」

にも中井選手の名前は上がっています。

中井選手が、中盤で見せる、多彩なパスが高い評価を得ています。

久保建英選手の評価

久保建英選手の評価は、ここ最近大きく変わってきていますよね。

スペイン大手のスポーツ誌「マルカ」では、

前半は、レアルでの立ち位置がころころと変わった事もあって、マジョルカへの合流が遅れたため、チームに馴染めていなかったと評価していますが、

直近の3試合で、チームがとった全5ゴールすべてに絡んでいることから、評価は高騰しています。

リーグ中断前は、マジョルカでスタメンも勝ち取っていますしね。

ただ、レアルへの復帰はまだ難しいという評価も。トップチームの攻撃陣の層の厚さが、高い壁になっているようです。

来期は、マジョルカよりワンランク上のチームへの移籍が濃厚なようです。

楽しみですね。

中井卓大と久保建英のポジション

中井卓大選手のポジションはMF

中井選手のポジションはMF。中盤の選手です。

主に、インサイドハーフ・アンカー・ボランチなど、ゲームメイカーとして重要なポジションを任せられることが多く、サッカーIQの高さにも、定評のある選手です。

久保建英選手のポジションはMF

久保建英選手のポジションは、日本代表ではMFですね。中井選手と一緒で中盤の選手です。

レアル・マドリードからレンタル移籍したマジョルカでは、右サイドハーフを主軸に、守りに近い位置に配置されています。

本人の希望としては、

「ベストはトップ下」

とインタビューでは答えています。

中井卓大と久保建英はどっちが凄い?

中井卓大選手と久保建英選手。

どっちが凄いか?って…どっちもすごいです。

ただ、久保建英選手は、中井選手より二つ年が上ということもあり、すでにプロデビューしています。

レアル・マドリードから、レンタルをされているとはいえ、1部リーグのマジョルカでスタメンを取れる選手です。

中井選手はまだ、レアル・マドリードのU-16の組織にいるわけで、そんな中井選手からすると、久保建英選手は、一歩先を行く先輩ということになります。

二人とも、小学生の時から、スペインでサッカーをする、天才という事にはかわりがありませんね。

レアル・マドリードに所属できることが凄い事ですから。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました